ミシン縫い袋(肥料、飼料袋)の開け方【道具入らずで、簡単】

ミシン縫いの袋(肥料袋や飼料袋)の開け方がよくわからない。私も以前はそんな中の一人でしたが、ちょっとしたコツを掴んでからは、ハサミも使わずに、簡単に開けられるようになりました。私なりのやり方ですが、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

ミシン縫い袋の開け方

まずは、飼料袋のミシン目をチェックします。

ミシン縫いの複雑な方。

そしたら、複雑な縫い目をしてる方を手間になるように持ってきます。

ここには、赤い糸が使われていたりするミシン目の袋もありますが、私が使っている魚粉の飼料袋は、白色の糸のみとなっております。

ミシン縫いのシンプルな縫い目。

ちなみに反対側は、こうったシンプルな縫い目になっています。

複雑な縫い目の左側に注目。

複雑な縫い目をしてる方を手前にしたら、縫い目の一番左部分に注目します。

ミシン縫いの糸の端を見つける。

一番左の方に、一本飛び出た糸の端を見つけます。写真赤の矢印の糸です。

糸の端を輪っかに通す。

そしたら、青い矢印の輪っかをくぐらせるように、赤い矢印の糸を矢印の方向に引っ張ってあげます。

後は、赤い矢印の糸を、パラパラパラ~っと引っ張てやると、ミシン目が面白いようにほどけていきます。

ミシン縫いがほどけていく。

開け方を覚えてしまえば、とっても簡単なんだけど、最初はどうやってほどけばいいかわからずに、糸が絡まってしまい結局、鎌で強引に破ったりしていました(苦笑)

だけど、このやり方(原理)を覚えてからは、失敗することなく、道具も使わず、簡単に開けられるようになりました^^