卵の販売。

2021年8月23日

ろん農園の卵。

【自然卵養鶏ろん農園】では、鶏の健康を第一に考え、安全性を追求した本格的なこだわりの卵を目指しております。そんなろん農園でおこなっている鶏の飼育方法や卵の販売先など簡単に紹介したいと思います。

育雛方法。

平飼い育雛。

生まれたての初生雛から、育てています。

育雛時代にバタリーというカゴに小分けして育てるのが、養鶏界では一般的ですが、ろん農園では、地面の上で育雛し、たくましく元気に育てております。

また、雛のころから自然の草も与えています。

鶏舎の特徴。

自然卵養鶏の鶏舎の様子。

四方金網が張ってある開放鶏舎で、新鮮な空気が循環し、太陽の光も当たって、健康に育ちます。

1坪に10羽の割合で詰め込まずに、広い空間で平飼いしています。広々とした空間で、ノビノビとストレスなく過ごしています。

こういった環境で育てることによって、薬を与えずとも病気にならず、元気に健康に育ってくれます♪

自家配合飼料。

自家配合飼料。

餌は国産飼料を中心に自家配合しています。

地元産の小麦や米ぬかが主な原料です。後は、魚粉、クズ大豆、牡蠣殻、もみ殻など。

輸入飼料は使っていないので、ポストハーベストや遺伝子組み換え飼料は不使用です。

また自家配合しているので、着色料や添加物などは一切使っておりません。

卵の特徴。

割った卵。

小麦や米ぬかが主な餌なので、黄身の色は自然なタンポポ色をしています。(餌にトウモロコシやパプリカ色素などを与えると色が濃くなるようです)

卵はクセがなくマイルドな味わいで、生でも美味しく食べることができます。

卵の販売先。

ろん農園の卵。
  • 自然食・有機米【かねこや】・・・体に優しい食品を多数扱っています^^ろん農園の卵は、毎週火曜日(通年)の午前中に、出荷しています。松阪駅前の通りにあります。三重県松阪市新町830
  • 松阪農業公園ベルファーム・・・松阪インター前にある大きな直売所です。三重県松阪市伊勢寺町551-3
  • きっする黒部・・・国道23号線バイパス沿いの大きな直売所です。三重県松阪市東黒部町天神1
  • 旬前耕房ごん豆・・・権現前にある直売所、お惣菜なんかも売っています。三重県松阪市嬉野権現前町 390-6

6~8月は、産卵数が少なくなるため直売所への出荷頻度が少なくなったり、出荷をお休みさせてもらうことがあります。産卵数の波があるのも自然な現象ゆえご理解いただけたら幸いです。

昔の農家の地卵は美味しかった。

それは、鶏が自由に大地を歩き回り、草を食べ、何より鶏自身が健康であったからです。そんな卵を目指しています。

Posted by ろん