【DIY】ひょうたんランプ作ってみた。

2017年3月。ひょうたんを栽培して、自然乾燥させたものが沢山あったので、前々から作ってみたかったひょうたんランプづくりに初挑戦してみました。

下書きをして、穴を空ける。

ヒョウタンランプ、古代風人の絵。

ひょうたんに思いついたまま、鉛筆で適当に下書きをしていき、インパクトドリルで、下書きに沿って穴をたくさん空けていきます。

ヒョウタンにインパクトドリルで穴を空ける。

ドリルのビットは、2㎜の物をメインに使ってみました。

ヒョウタンにインパクトドリルで穴を空ける人。

無心になって、ひたすら下書きに沿って、穴を空けていきます。

ヒョウタンランプ、雨風柄。

隣の面には、別の柄を描きました。

ヒョウタンランプ、太陽の柄。

こんな柄も。1つのひょうたんに3つの柄を描いてみました。

ヒョウタンランプの底に穴を空ける。

ヒョウタンの下には電球が入る穴が開けてあります。

電球を乗せる台を作る。

丸太を切る。

次は、電球をセットする台を作っていきます。薪に集めていた丸太の中から使えそうな物を選びます。そしたら、ほど良い長さに切ってあげます。

丸太の上を電動彫刻刀で削る。

電球のソケットがハマるように少し、電動彫刻刀で削ってあげました。

台に、電球をセットする。

電球をセットするとこんな感じに。ビス止めして固定してあげます。

昼間に、ヒョウタンランプ点灯。

後は、ひょうたんを被せて、電気のスイッチをオンにするだけ^^

魅惑のひょうたんランプ。

暗くなってから、スモールハウスのロフトで、ヒョウタンランプを点灯させてみました。

夜に、ヒョウタンランプ人の柄を点灯させる。

まずは、古代的な人の絵をイメージした柄。

ひょうたんランプを回していけば、違う柄を楽しめます。

夜に、雨風模様のヒョウタンランプ点灯。

雨、風のようなイメージで描いてみました。

夜に、太陽柄のヒョウタンランプ点灯。

もう一方の面は、太陽とか光といったイメージ。

夜に、魅惑のヒョウタンランプを点灯。

絵心そんなになくても、不思議と点々の光とひょうたんの魅力で、なんとなくそれっぽく灯りをともしてくれます♪なにわともあれ、自分でDIYしたものは自然と愛着湧いてきます(笑)

魅惑のひょうたんランプ完成なり^^

DIY。

Posted by ろん