手押しポンプ(ガチャポン)を修理してみた時の話。

手押しポンプ、ガチャポンの修理。

井戸水をくみ上げるために便利な、手押しポンプのガチャポン。長い間使っていると老朽化で、水が汲み上げられなくなってしまう事がでてきます。そんな手押しポンプをDIYで修理してみました。今回既製品ではなく、ホームセンターで手に入るもので、修理していきます。

一素人のDIYですが、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

手押しポンプ(ガチャポン)の修理。

自分で掘った井戸に手押しポンプを設置してから、2年くらいが経過したくらいで、ピストンが空回りして、水をくみ上げれなくなってしまいました。

その時の井戸掘りを行なった記事は、こちら⇒【打ち抜き井戸】3度目の井戸掘りに挑戦~失敗と成功~

ピストン部のゴムを交換

手押しポンプのピストン部の皮を外す。

既製品には、牛の皮だったかな!?がついていたんだけど、これがボロボロになっていました。隙間が空いて、スポスポになり、水をうまく汲み上げられないようでした。

なので、これを外していきます。

老朽化したピストン部の皮。

ずいぶんとすり減ってしまったみたいです。

ホームセンターで見つけたゴム。

何か代用できるものはないかと、ホームセンターで物色。ちょうど使えそうなゴムを発見したので、これを使ってみます。丁度良い長さにカットして、

ピストン部にゴムを張り付ける。

ステンの釘で止めてやるとこんな感じに☆彡

手押しポンプの修理完了。

無事に、修理完了。

市販のゴムに変えてからは、今まで順調に使えています。2016年に修理したので、すでに5年はもっています。

高級そうな牛皮より、市販の安価なゴムの方が意外と耐久性が良いという結果、、、(笑)

弁の修理。

その後、2021年7月また、手押しポンプガチャポンの水が空回りして、汲み上げれなくなってしまいました。

ピストン部の弁が外れる。

今回の原因は、ここ。

弁が老朽化で外れてしまってました。止めてあったビスか釘が朽ちてしまったようです。

これでは水は汲み上げれないですね><

ここを修理していきます。

ナットを緩める。

上部のナットを外して分解。

壊れたピストン。

ここに外れた、弁をビスで止めなおしていきます。

ピストン部にゴムの弁をビス止めする。

ビスはステンのビスを使用。ステンなら、錆びて朽ちないので、耐久性が上がります。

手前は、ゴムの穴が大きくなって、しっかり止められそうになかったので、ワッシャーをセットしてみました。

これで、修理完了です♪

たいていの物は、壊れた、故障したといっても、何かが外れていただけだったり。原因さえわかれば、簡単に直せるものが多い^^

手押しポンプ、ガチャポンの修理完了。

手押しポンプ、バッチリ修理完了致しました♪よっしゃ~!!

おまけ~ガチャポンプ台の修理。

手押しポンプの台を作成。

ガチャポンプは、鶏の水飲み器が洗いやすいように、台をこしらえてこんな感じでつかっていましたが、

台の足が老朽化で腐る。

2019年4月。地面に打ち込んでいた木の杭が虫食いで、ボロボロになってきました。

ガチャポンプの台もグラグラして危ないので、新しく作り直すことに。

新しい手押しポンプの台が完成する。

新バージョンは、こんな感じになりました。

足は、基礎石を置いて地面から離す。

地面に木を打ち込むと、白アリに食べられやすいので、基礎石的なものを置いて、地面から離して設置。固定は、鉄製の杭を地面に打ち込んで、番線で固定してみました。